「自動施錠された玄関解錠」

 さて、自動施錠のタイプはどれになるだろうかと現場に到着すると、「ん?これって…..」

よく見て判断が必要な自動施錠錠

古いハイツにホテル錠?室内をカメラで探って、(やはり之はホテルの…)
インジケーターが出ていないから、サムターンは掛かっていない。つまりデッドボルトはない。
ではと、室内からレバーを操作をすることになる。
(サムターン施錠でシャットアウト状態であっても、レバーを下げればアンチパニック機構にて解錠される。)

しかしながら、カメラ付きオープナーは、ドア直付けのインターホンが邪魔して、ドアスコープから入れ込むことができない。
通常オープナーと特殊先端治具で感覚で探りながら、ピンポイントでレバーを押し込んで解錠。
しかしこれが手間取った。厚みのあるインターホンが感覚をかなり邪魔をしている。

解錠後考えても、もなぜこんない古いハイツにホテル客室専用レバー錠が使われているのか、全く理解できない。

左勝手 U9.LHHF ホテル錠