「電池を交換したが動作しない為、再度取り外そうとしたがフタが取れない」

対象はアルファ製デジタロックXだ。edロックの前身だが、かなり古い製品である。

アルファ製の電子錠の特徴は、電池交換用のフタが、電池が無くなるとインターロックで外せなくなる仕様だ。外す為にはメンテナンスカードと言うものが必要と、説明書に記述されている。

依頼者より予め申告されていた内容なので、到着するまでに調べることが出来た。

メンテナンスカードの形状から解除の方法が予想できるが、初物のためにその構造が分からない。

インターロックの部品を操作する事が出来れば、メンテナンスカードは要らないはずだ。

もしくは、似たような材料で現場で採寸しながら作成することになるかも知れない。

だが、設計する立場になって、どのように動作させるか考えると、ある方法が閃いた。

小型電磁ソレノイドだ。セントリー製の金庫のインターロックにも使われている。

したがって、マグネットを使用すれば何とかなるかもしれない。または、作業しやすくするために、本体を取り外してスコープで覗きながら、ピックで操作すれば解除できるだろうと。

まずはマグネットだが、これを使う事で何とか解除して、電池交換用のフタを外すことが出来た。

あとは、構造を確認するが、メンテナンスカードの形状が変な突起形状である理由が分かった。

この方法は、緊急電源端子が無いedロックにも適用できそうだ。

今回は良い情報が得られた。