「他社ギブアップ案件の解錠」

ダブルの下側が開かない。(ん?ドアスコープの位置が真上にあるのか??)
お客様談で後から分かった事だが、最初の有名出張サービス会社はふたりで来て、現物を見て直ぐにギブアップで帰って行ったという。
(どんな理由だったんだろう)

2社目は、2名で一時間ほど掛けて上側だけで回して、下側は断念したらしい。
(これまたその理由がはっきりしない。しかし、先日のDVFの下側クラビス防サムに難儀した案件を思い出した)
スコープの穴も手荒で残念な感じで放置してあった。

現場のエントランスから見えるのがPGFタイプのプッシュプル。新築物件だから 防犯サムターンU1かと。それでも実績もあるから何とかなるかと。

確認したら、何もないPGF703ノーマルサムターン。 長さが重要なので、合わせながらクレセント用の押すタイプ先端ジグを選択する。
当てる所はピンポイントだが、数ショット目で解錠。
ただ、4時間あまりで3社目で到着したが、お客様は疲弊していました。お疲れ様でした。