「中からサムターン施錠が出来ないので点検希望」

現場に到着して確認すると、HMDによく見られる現象でした。シリンダー側ユニットのバネの不具合です。

結局修理で終わろうとしていましたが、ふと再度確認すると、ドア厚DTに対して、HM標準ケースが取り付けてあります。

スピンドルも標準サイズのもので、DTに対して長くなります。これではシリンダー側ノブを修理しても正確に連動しません。これを無理矢理ネジの緩みで調整していたようですので、再発は免れません。

どこかの業者による設置不良を説明すると、「古いし、再発する可能性もあるだろうから、全て交換してください」。

小手先でごまかす鍵屋もいるのでしょう。

さて、錠ケースが数ミリ厚いためになかなか取り出せませんでした。その後、ドア厚DTに合ったHMSDを取り付けて完了です。(HMSDはなかなか出庫する機会は少ないのですが、やっと在庫が動きました)

改めて錠ケースを分解して確認してみましたが、スプリングの一部が怪しい状態になっておりましたので、交換して正解でした。