2018年8月Chromeの改変により、http接続によるものが「安全な接続ではありません」と表示されるようになりました。

なんとか、このサイトも無料にて変更できないかを調べて、やっと変更できました。

お客様へ不安感を与えないためにも、改善メンテナンスが必要です。

行ったことは、

  • サーバー:お名前.comの共用レンタルサーバー SSLオプションの確認
    • 無料の独自SSL機能を利用しました。
  • 管理ソフト:Wordpress「一般設定」の変更

関連画像

  • [.htaccess]追加スクリプトの変更
    • 無料で行うためには、自分で一部内容を変更し作成する必要があります。同様に同じサイトから、その設定スクリプトを作製して、FTPによりルートにファイルしました。
      • 「http https リダイレクト」の画像検索結果
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://kagiya-moriokaben.jp/$1 [R=301,L]

これら3つの変更です。

 

いづれも、ちゃんと動くか心配でしたが、記述された内容の通り行うことで、正常に稼働していることを確認できて一安心です。

.htaccessの内容にて、自分のサイトをスペルを間違えたため、接続エラーが出てしまいました。

「DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN」です。

DNSのキャッシュをクリアしましたが、改善されず。結局はChromeブラウザーのキャッシュをクリアすることで、これも改善されました。

無料のSSLサーバー証明書もサービス開始されています。これも使えますね。

https://www.onamae-server.com/sd/ssl/

当店の場合は、独自アルファSSL機能オプションを選択していましたので、重複利用は出来ません。

alphassl

なので、上記の方法をとって、自分で設定をしました。

やれやれ、これで「安全な接続です」と表示されて安心です。

 

ただし、すぐには「鍵マーク」にはなりません。下記のような表示になったままです。

「鍵マーク HTTPS」の画像検索結果

リンクしている画像などは、スクリプトを探して「https」に変更する必要があります。これだけは、手動ですね。

関連画像

Chrome86からは上記のようになるようです。