「鍵はあるが入らない為解錠」

横浜中華街近くの居酒屋のシャッター解錠である。鍵はあるが、奥まで入らないため、開店準備のための店舗シャッターが開かないという。

ディンプルキーのこのタイプは、広く使用されているが、同様の事象が多い。

トラブルの原因の多くはスペアキー側にある。純正のキーであれば問題は無いが、スペアキーの場合は、一部加工することで復旧する場合がある。TLH製のブランクキーでも精度が出ていないケースだ。

今回は、その癖を修正して解錠を完了する。その後交換を希望したため交換作業にて完了。

セコムのためにスペアキーは作成しなければならず、メーカー純正以外のものは注意が必要です。