「トイレ錠ストライクが壊れた」

リハビリセンターということで、一般のトイレ錠では無さそうだが、現場へ行ってみる。

薄型の引き戸錠に埋込みの鎌錠が着いている。 BEST社のものだ。しかも受け側のストライクがゴッソリ無くなっている。

その部品を保管もしていないといっているので、新規に何かを付けなければならない。

発注するのであれば、セットの発注である。

「付け合せの部品で良ければ、修理しましょう」と、内容説明して了承してもらう。

さて、手持ちの余ったフロントプレートや、ストライクのプレートを合わせてみると、ビミョーな加工が必要だが、 別案件で外したDVFのプレートが合いそうだ。 エロンゲートが厄介だったが、何とか設置できた。