「鍵抜き玄関解錠」

抜けなくなって、入室も出来ないという。

見るとシリンダーが斜め30度になっている。不動産屋が変えたらしいが、最初からこうなっていたという。鍵屋に交換作業を頼まなかったのだろう。

オマジナイスプレーで暫くして抜けたが、シリンダー位置はCWに戻らない。

破錠を進めるが、途中先端ジグが折れたが、ホールソーでドンドン掘り進める。 穴の中の深さを確認しながら、コアを抜き取り、ボルトをドライバーで操作して、程なく解錠した。

ドアの歪みもあったが、原因はやはりシリンダーの取付け不良の様だ。 主錠のフロントには、BEST BWR2とある。これにWEST916CY G6000がついていたが、取付け不良で、傾いて取り付けてある。 このまま10年は使用しているという。 なんともお粗末な取付け作業だ。