「トイレの鍵がかから無いため修理か交換」

内側からの鍵がかから無いという。デッドボルトとストライクの位置が、完全にずれているのが原因だ。

別の業者が交換した痕跡があった。シンダー側玉座のスピンドルプレートの長さが短いので、無理矢理斜めに錠ケースを取り付けるように、フランジを変形させた様子でもある。随分と雑な業者もあるものだと。

錠ケース固定用のドア側フランジの歪み、雌ネジ部の破損、および、ストライクの位置が内側に入り込みすぎている状態だ。

鉄板フランジの変形を、折らないように慎重に修正し、雌ネジの修正と、ストライクの位置を4ミリほどずらして、新たにタッピング作業で改善した。スピンドルプレートもジャンクパーツから適当なものと交換した。