「折れた鍵を取り外して欲しい」

銀座の有名フランチャイズ ステーキ店だった。委託業者が朝5時頃から納品作業を開始して、9時頃まで気がつかなかったという。

自動ドアを閉めようとして、やっと気がついた。

開店30分間に到着して、現状を把握し、先日準備したばかりの、精密ペンチが使えるだろう。

床に伏せる格好で作業する。固定ドア部とギロチン状態の縦位置で、ポッキリと折れているので、抜ける位置まで内筒を元に戻す。なんとか開店時間に間に合ったようだ。