「鍵がかからない」

ヒヤリングすると、内側から鍵がかからないと言う。所謂「サムターンとノブの供回り現象」だった。HMには良くある現象だ。

破損があるか点検する。シリンダー側ノブ、錠ケースを各々分解する。だが、錠ケースがドアからなかなか取り出せない。本体厚みより、開口部が狭いからだ。

案の定、ドア厚み31ミリに対して、標準HMDが取り付けてあるからである。無理に入れ込んだのだろう。スピンドルプレートの干渉も有り得る。

何とかして取り外して、錠ケース分解するが、特に問題は無い。

シリンダー側内部部品であるいつものバネの変形と、そのスレーブ部品の変形である。これらの部品を修理して動作は改善されたが、何回かに一度は同じ動作不良が起きる。

依頼主の了承得てセット交換である。薄型U9.HMSD-1に変更して完了である。