「他社で解決しなかったので、破錠をお願いしたい」

現場に到着すると、WEST製のキーがシリンダーに刺さったまま空転している。室内側からも空転して、玄関ドアが開かないという現象だった。管理会社が立ち会いである。しかし依頼者はまだ戻ってきていない。

他社による対応で、普及改善できなかったと言うことで、管理会社から依頼を受けた。到着は20時頃。遅くても良いと言うことで、その時間になった。

さて、鍵を抜くことは問題は無いが、スピンドルシャフトが、錠ケースまで届いていないということだろうか、サムターン側からも同様に空転しているので、両側からスピンドルシャフトが届いていないということは考えづらい。

問題は内筒破錠ではなく、外筒破壊でケースまでたどり着いて、さらにデッドボルトを操作できるようにしなければならない。これがかなり手間取った。

なんとか外筒を取り去ったが、ケースのカムモジュールも空転している。錠ケースのカム部品が破損して外れているようだ。

ここからがさらなる問題だ。どの辺を操作したらデッドボルトが引っ込んでくれるかだ。都合の良いツールはないので、あり合わせの治具で30分くらい作業して、やっとデッドボルトが外れて解錠だ。かなりハードな作業だった。

その後いろいろ提案し、交換ではなく、補助錠としてU9.NDZを取り付けて作業は終了。立ち会いの管理会社担当営業へ状況説明などして、大家さんの了承得るなど、トータル3時間を超えていた。