「トイレの取手が取れたので修理依頼」

現場は古いペンシルビルの4階でした。当然エレベーターはありません。狭い狭い急な階段を登ることになりました。

対象は、かなりボロボロに腐食が進んだトイレ錠。以前も依頼者自身で修理した事があるそうで、同じ錠前が用意されていました。

しかし、これでは手が付けられないとの事でコールでした。

ネジ穴補修剤、木製用パテとアルミ板が必要ですので、またその階段を使って作業車まで取りに向かいます。写真は、作業上固定してからのパテ作業になって、マスキングテープもせずに雑さが残ってしまいましたが、この後キレイに削り落として修理交換完了でした。