「クルマの鍵を昨夜どこかの飲み屋で無くした?」

日産クリッパーとの申告でしたが、SUZUKIのエブリイOEMか三菱のミニキャブOEMかどちらでしょうか。こればっかりは覗いてみないと確定できません。

日差しがまだまだ強い午後。立ってるだけで汗が出てくる。(これは1時間が限度だな)

車を見ると、丸目のこのタイプは三菱OEMです。ピッキングして見ると片側3種類の段差に見えます。ブランクを入れて確定しましょう。

M373かM366(通称ダミアン)か、はたまたM302とか?ブランクを入れてみますが、全て入りました。したがって、ピッキングの結果と合わせてM373(5段差)で確定です。

開業後間も無い頃は、この判断にかなり惑わされました。SUZUKIのOEMだと思い込みが判断を邪魔していましたのです。つまり、三菱のミニキャブOEMである事を失念していた事でした。(よく見ればデザイン的に三菱の野暮ったいデザインですよね)

ピンは摩耗していた部分もありましたので、1回では完了しませんでしたが、なんとか完了です。

しかし、車内には、2種類の鍵番号が記載されていたタグが落ちていましたが、調べてみると全く違うタグでした。これにも惑わされてしまいました。一体なんだったのでしょう。