「折れた鍵を抜いて欲しいとの依頼」

入室は可能だが、ドアを開ける時、鍵が折れてしまったらしい。

確認すると、H248ディスクタンブラーシリンダーでした。

2番ピンから先が折れています。縦位置にするために、1番ピンを操作してカギを取り除きました。

シリンダーは経年劣化で分解洗浄が必要でしたので、取り外しに進みます。

しかし、フロントがドアの框と一体型なので、これを取り外します。

BHタイプでしたが、セットスクリュータイプではない旧型のU字型のピンタイプでした。スペアキーを使ってシリンダーを取り外します。

丁寧に分解洗浄して動作が復活しました。防犯性は低いシリンダーですが、予算関係上、まだまだ現役で使って行くとの事でした。