「異物が入っていて鍵が刺さらない」

開店準備のため、いつものように勝手口に鍵を指すと刺さらない。何か鍵穴に見えたのだが、そのまま突っ込んでしまった。どうやっても鍵が刺さらなくなったという。

U9.MA錠だ。通常作業の鍵穴洗浄作業を進めた。オイルが染み渡るまでの数分後、無事に解錠である。これで開かなかったら、隙間攻撃なるが、通常操作で解錠した。

鍵穴を見る限り異物は確認でなかったため、分解洗浄でオーバーオールを行う。数ミリの黒い物体が出てきたが、不明な異物である。

今回の反省会は、不用意にコアを抜いてしまい、危うくロッキングバーのスプリングを弾き飛ばしてしまうところだったことだ。いつも注意して押さえながら行うが、それを失念していた。反省である。