「室内リビングのドアが開かなくなった」

現場は世田谷の住宅地で旧家な建物が多いところである。案内された室内は、趣がある室内リビング。そこのドアがレバータンブラー錠だった。鍵が必要かどうかは分からない通路のドアである。

鍵は掛けたことがないというので、デッドボルトは使用されていないだろう。単純にラッチ動作の不具合のようだ。隙間攻撃するのは、狭すぎて2mmツールが入らない。

この作業中に、ふと握り玉をみると、セットスリューで固定する方法になっている。このネジがない。
したがって、簡単に握り玉を外すことができたので、あとはスピンドルシャフトを操作するだけである。新規にセットスクリューで固定して完了である。