「電子錠取付作業」

本体は、知り合いから推薦されて、依頼者本人が購入したらしい。取付作業は自分では無理と判断して、業者へ依頼してきたらしい。

オリジナルはPR.LSPで、上部のみ電子錠への交換作業になる。ケーブルは結構固く、組立取付後、一度外して再組立となる。さらに、マグネットの位置固定まで手間取った。ドアクッションとの干渉がその理由だ。ドアクッションの加工等、安定して検出する位置を探る。これが簡単にはいかなかった。

なんとか、スペーサー等を利用して安定させた後、ソフト設定を行う。デフォルトの勝手変更や暗証番号設定など、ソフト設定は依頼者本人が行う。設定料は別料金になるからだ。

設定が終了して、今回は最終動作確認まで付き合ったが、時間がかかりすぎる事案だ。何れにしても、この電子錠取付は、宣伝にあるほど、思ったほど簡単ではない。