「鍵はあるがシリンダーが回らない」

申告内容を聞く限りは、通常シリンダー洗浄で改善するだろうと思っていましたが、対象ドアを見ると、(おっと!シャーメゾンか!ドアスコープが真上にある)

しかし、作業進めるにもどうやってもシリンダーが回らない。(一体どういう事なんだ)

「これは内側のサムターンを操作するしかなさそうです」「サムターンはこの様な形状ですか?」と写真を見せて、特殊解錠に変更しました。

先端を照らし確認し易いように段取りです。ドアスコープが真上で距離も近いので、何回かツールを変えます。やっと解錠しましたが、シリンダーを分解洗浄しても、やはり回りませんでした。

これ以上はコアの分解はここでは出来ませんので、交換するよう提示して完了です。

WESTのシャーメゾン用OEMシリンダーは、鍵屋は手配できませんので、ここまでです。

しかし、ここまで固着するシリンダーの原因はなんだったのでしょうか。気になります。