「カギの紛失 玄関解錠」

通院から戻った高齢者からの依頼でした。本人は鍵屋を探すことが出来ないので、隣人に頼んだらしい。

玄関ドアにはドアスコープがありました。戸建てによくある木製ドアでしたが、結局ドアスコープからの解錠は無理でした。

理由は、ドアが無垢の一枚ものの木製ドアで、重厚な高級品ドアでした。しかも、ドアスコープが取り付けてある場所のドアの厚みが40ミリ以上ありました。

つまり、集合住宅にある断熱性の亜鉛鋼板ドアとは異なります。空洞がないためツールが入らないのです。コーナーが曲がれない。通過できないのです。建付けもきっちりされていて、ドアの隙間もありません。(追加工としてコーナーを曲がれるようにするならば、くり抜き加工を必要とします)

プランB

勝手口をピッキング解錠して室内に入りました。

カギを紛失し、スペキーも無いそうなのでシリンダー交換としました。勝手口のカギはスペアキーが十分にあったので、玄関ドアのシリンダーだけの交換になりました。

MIWAサムラッチ錠は、THM-HL刻印でしたので、飛び出ているシリンダーカラー部分は一体型です。したがって、U9のコアの交換として対応しました。これで安心ですね。