「ドアクローザーの修理か交換を希望」

話の内容でははっきりと内容が把握できませんでした。現場にて確認すると、どうやらロックの位置がずれてきたようで、長年使用によるどこかの緩みが発生しているようでした。

どこかの破損等が原因ではなさそうです。ヒンジ部分が緩んでいることが分かりましたので、緩み止めのネジを使用し、さらにロックプレートの位置の調整を行い作業は完了いたしました。部品落下する前で気がついて良かったですね。

「今後10年以上はしっかりと働いてくれるでしょう」と伝えると安心しているようでした。