腐食して壊れた浴室ドアノブの交換

「浴室ドアの壊れたカギの交換」

かなり古い建物でした。築後40年は経過しているだろうと予測されます。現場に案内してもらいましたが、そこまでのドアなどかなり欠損しているような物が沢山ありました。

浴室のカギの交換との内容でしたが、ドアノブ部が腐食して半分がなくなっていました。コインロックの「GOAL ULW-4E」でしたが、苦労して取っ手で怪我しないように、テープなどでカバーされていた。単なる取っ手の役割しかない様子です。

依頼者のご希望により、交換はコストが安い空錠「GOAL ULW-1E」となりました。取り外すには、ネジもかなり固着していました。サビ落としでなんとか取り外します。

ストライクは追加工が必要になりました。トロがサッシの中に落ちてしまったためです。

切り子が出ないように、回転ヤスリは使用せず、小型のこぎりやニッパ等で広げてゆきます。

雌ネジが切っていないため、クリップナットで作り直します。