「お客様のスーツケースを解錠して欲しい」

浜松町駅近くのホテルフロントからの依頼だ。外国人のためフロントが代理で電話しているとのこと。

依頼が来るのはありがたいが、ホテル内に技術者がいるだろうに、ちょっと調べればその人でも開けられるレベルでもある。

さて、現場に着くとアネックスのフロントへ案内された。そこにスーツケースがあるが、TSA007とダイヤル錠のサムソナイトだ。TSAで開けしてしまえば完了だが、コンビネーションが分からないと今後に影響するだろう。

待つこと5分、フィリピン系のご婦人が現れた。到着したばかりらしいが、覚えているコンビネーションでは開かなかったという。試してみると確かに開かない。見積をして了解を得る。外人とのトラブルは金額がほとんどだ。

解錠後ダイヤルコンビーネションを示すと、全く違う番号であった。一桁どころではない、全く違う番号でした。米ドルしかないと言ったので、フロントで両替してきてもらいました。