「ホテルみたいに自動で鍵がかかるタイプ」との申告であった。

隙間から確認できるボルトの位置とタイプから、サムターンの状態を判断する。依頼者に確認するとハッキリしない。

さっそくオープナーでトライするが感覚がない。目視確認するとサムターンがないタイプであった。であれば、レバーを操作すればいいが、依頼者がハッキリしなかったのは、サムターンと言われているものが無いとハッキリ言えなかったためだ。

普通のハイツで、このような自動施錠タイプが必要かどうかはいつも疑問が残る。

先端治具をクレセント用の適切な物に変更して、作業完了である。