「トイレに閉じ込められたので開けて欲しい」

中に奥さんがいる、外には旦那さんがいた。旦那さんが格闘しても空かなかったためのコールでした。その格闘の跡がしっかりと残っている。

状態を確認して、ラッチ操作で簡単に終了すると思っていましたが、そうも行きませんでした。

ラッチをよく除いて確認すると、必要以上にラッチがストライクに入り込んでる。しかもピックで操作しても動かない。

(これはチューブラーの中身が破損しているようだ)

中からどうにか作業方法を教えながら、ハンドルを外してもらいました。見えたチューブラーは、完全に破損しています。ラッチボルト操作も不可能、チューブラー操作も不可能です。そうなるとチューブラーの中身をほじくり出すしかありません。

ホールソーでチューブラーを半分破壊して、中身をほじくり出して、引っかかっていたラッチボルトを回転させてやっと解錠となった。ここまで60分、意外に時間がかかりました。

新規の取付は、見積を見送り、お客様ご自身で本体を購入して取り付けするらしい。適切なものを選んで頑張って欲しい。