「サムターン側からも外側からも回らない」

シリンダー側からも回らないとのことでした。戸建住宅の賃貸物件です。

新しい錠前でした。製品は古代アスカ サムラッチ錠でしたが、その主錠の問題でした。サムラッチを操作してもラッチが連動しないようです。しかも、ラッチを引っ込めても復帰しません。

ネジを緩めて分解し始めると、ラッチ動作が復帰しました。しかも、どこかの業者による、かなりヒドい加工が行われています。同業者として驚きの状態でした。

アルミサッシドアの薄さが起因とする、ネジの締めすぎで、ドアが歪むほど締め付けてあったことが原因です。適度なトルクで締め付けることで、動作は復帰して改善されました。ユニークな段付き金具もあることが分かり、いろいろ情報が得ることが出来ました。